eラーニング教材(実践編)

北陸の地においても、学校はコロナ禍により極めて困難な状況が続いています。しかし、その様な困難の中にありながら、ユネスコスクールを中心に、カリキュラム・マネジメントに工夫を凝らし、オンライン授業等の新たな試みも行い、SDGs・ESDが進められてきました。北陸ESD推進コンソーシアムにおいては、これらSDGs・ESDの教育実践をeラーニング教材化することで、その価値を共有し教員や教員を目指す学生たちが互いに学び合うプラットフォームづくりを進め、ポストコロナにおける力強い更なるSDGs達成に向けたESDの教育実践につなげたいと考えています。

北陸ESD推進コンソーシアムが進める「北陸におけるSDGs達成に向けたeラーニング教材の開発」が、2019年度のeラーニング教材(基礎編)に続き、2020年度におけるeラーニング教材(実践編)の開発が、文部科学省のユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)に採択され、北陸において8校1施設の先生方や職員によって9つのeラーニング教材(実践編)が作成されました。各教育現場において、SDGs達成に向けたESDを実践する時のカリキュラム・マネジメントのポイントや、SDGs達成に向けたESDの授業や活動の面白さや意義が描かれています。

学校の先生方や教師を目指す学生の皆さんをはじめ、学校におけるSDGs・ESDの教育実践に関心のある地域の方々や、企業、NPO・NGOの方々など幅広い方々にも見ていただければ幸いです。また、学校の校内研修や大学等での授業など学校教育、社会教育、企業内教育等で活用いただければと願っております。その際には、SDGs達成に向けたeラーニング教材活用ガイドブック(2021年度版)をご参照ください。

また、このeラーニング教材(実践編)を視聴、活用された際には以下のアンケートに回答いただくようお願いいたします。皆様のご意見ご感想については、今後のeラーニング教材の制作や活動に生かしてまいります。よろしくご協力いただきますようお願いいたします。

アンケートURL https://forms.gle/sA9HL9efgoRqYG2d6

教材の紹介

(石川県)金沢市立兼六小学校

(石川県)金沢市立高岡中学校 

(石川県)金沢市立キゴ山ふれあい研修センター

(富山県)富山市立堀川小学校

(富山県)富山大学附属小学校

(福井県)勝山市立村岡小学校

(石川県)金沢市立城南中学校 

(石川県)金沢市立花園小学校 

(石川県)金沢大学附属高等学校